大舞台はかけがえのない経験値

皆様、ごきげんよう。
子供舞踊塾 代表をつとめております、日本舞踊家 有馬和歌子と申します。
この度は子供舞踊塾 ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

私の初舞台は2歳、国立劇場でした。
父 坂東寛二郎に日本舞踊を習い20年以上、
あの初舞台の事は、鮮明に覚えております。

緊張と達成感、褒められる喜びと自信、
この経験を、より多くのお子様にお届けしたいという想いから
19歳で父からこの「子供舞踊塾」代表を引き継ぎ、
舞台プログラムを企画いたしました。

現在、さまざまなメディア取材にて、
日本舞踊の魅力を発信する機会をいただけるようになりました。

日本が古くから大切にしている、質の良い文化のエッセンスを
未来を担う子供たちにぜひ取り入れていただけますように、
これからも企画作りに励んでまいります。

ぜひ、活動内容をご覧いただくとともに、
最新のプログラムにご参加いただけましたら幸いです。
心よりお待ち申しあげます。

子供舞踊塾 代表
有馬和歌子

有馬 和歌子 Wakako Arima

1998年生まれ。
坂東寛二郎に師事し、2歳で国立劇場にて初舞台を踏む。

18歳で坂東流 師範資格を取得(坂東寛十胤)
「日本舞踊を守る、受け継ぐ、魅せる」をコンセプトに、伝統芸能の一つである日本舞踊の価値を届ける活動を行う。

枝光会附属幼稚園、学習院初等科、学習院女子中・高等科を経て、
学習院大学を卒業。

アーティスト音声配信アプリArtistspoken 出演中(主催:博報堂)

坂東 寛二郎 Kanjiro Bando

日本舞踊家
寛和会 主宰
子供舞踊塾 監修

1947年生まれ。
8代目 坂東三津五郎 丈の内弟子を経て、
舞台出演・演出の活動を行う。
全国の門弟に日本舞踊を指導。

アメリカ3都市より名誉市⺠賞受賞(1987年)
日本舞踊 新春舞踊大会 会⻑賞 受賞(1988年)